体罰問題

久々にちょっと真面目?なコトでも書いてみようかとー
ネタ切れで何を書こうか悩んでいたときに、
ちょうどニュースが目に入ったってのもあったり・・・

最近、毎日のようにテレビで見掛ける「体罰」ってヤツ。
スポーツ界に関しては分からないけど、
自分もつい数年前まで学生だったコトもあって、
実情も何となく知ってる故に、
学校での問題は思うところも結構あったり。

結論から先に言うと、個人的には「一部賛成」かなぁ。
もう少し具体的に表すなら、
“罰”として筋が通っていればアリなんじゃないかと。

今までにも実際に何人か見たことがあるけど、
いくら言葉で伝えても全く聞き入れない馬鹿とかもいるわけで、
そういう生徒に対しては、それ以上の罰を与えるべき。

今の世の中の流れだと、絶対に先生が、
そういう生徒に舐められる要因になるし、
そういう生徒に限ってクラスの雰囲気を極端に悪くしたりするし、
普通だった生徒がそういう生徒に影響を受けて、
そういう生徒になったりするパターンも。
もっと酷い生徒の場合は、そもそも学校に来ないけどね(苦笑)

実体験だと、小学生の頃の先生で、
宿題を何回か連続して忘れたりすると、
黒板用のプラスチック製のものさしで
お尻を引っ叩く先生がいたなあー
他にも度を超して悪いことをした時にもやられたっけ。

あれは地味に痛かったなー・・・(遠い目)
けど、明らかに自分が悪いことしたって自覚してるし、
単に痛いだけだし、先生が問題だとは感じなかったなぁ。
当時、生徒からも割と好かれていた先生だった気がする。
自分が、どうだったかは別として・・・(苦笑)

子供心に「悪いことをしてしまった」って
1番理解するのが「体罰」なんじゃないかなぁ。

そして今、問題にすべきは、筋が通っていない
「体罰」と名を騙った「暴力」とか「いじめ」じゃないの?

今朝ニュースでやってたけど、
「病院に行く」と真っ当な理由があるのにも関わらず、
「部活に遅れる」という理由から何かを投げつけられたとか。
これが仮に体罰じゃなく怒られただけだったとしても、
そもそもこんな理不尽な事をしている教師を問題にすべき。

それと生徒のトラウマになるような度を超したのも論外。
骨を折ったとか重度の怪我を負わせたり、
心に深い傷を負わす程度の酷い辱めを受けさせたり、
特定の個人にのみ執拗に体罰を与えてみたり。

「体罰」は、その人の今後の人生に、
決して悪影響を及ぼすことがあってはならない。

これが1番大事なポイントだと思う。
これをしっかり踏まえた上で、躾けの最終手段としてなら賛成。

あと間違えたらいけないのが、
「悪いこと」に対して与えるのが「罰」。
例えば何らかの部活で、いくら練習してもできないからって、
それに対して罰ってのは道理にそぐわない。
別に悪いことは何もしてないのに。

ここで「気合いを入れるため」とか「弛んでるから」とか
精神論を持ち出されると、自分には、
体育会系の経験がないから何とも言えないけど・・・

因みに、自分は、スポ根ものとかに
出てきそうな「熱血先生」ってのがダメな派。
熱く指導されればされるほど、
こっちは逆に冷めてくるというか・・・(苦笑)

まぁ、それは置いといて・・・
自分たちは俗に言う「ゆとり世代」で主に学力に難ありだけど、
今の流れのまま体罰が完全になくなると、数年後には人として難ありな、
第二の「ゆとり世代」が生まれたりして?
多分、世間が思ってる以上に、先生を舐めてる生徒って多いと思う。

そもそも、そういう生徒が増えた理由って親に問題が・・・
それに変な先生も増えたような・・・とか、色々と思ったりもするけど、
それはまた別の話ってことで・・・。

ふぅ・・・
たまには、こういう真面目なことを考えて書くのも良いね。

じゃ、ゲームして寝るー
バイニー☆

test?

コメントを残す