キミへ贈る、ソラの花

昨夜、「キミへ贈る、ソラの花」が終わったー!

まず、なんと言っても世界観、設定、雰囲気が良かった。
一見、普通の学園モノっぽく見えるんだけど、
霊感のある人間と幽霊が共に通う学園・・・と変わった世界観。
人間と幽霊って独特な関係が丁寧に描かれていて、
見ていて全然飽きない感じ。
こういうちょっと変わった世界観って、
描写が疎かだと理解出来ずに全体的に「?」になっちゃうけど、
こう丁寧に描写されていると、すごくハマる!

ストーリーは、幽霊モノだけあって死生観を扱っていたりと重め。
でもただ重いだけじゃなくて、中身が詰まってるから嫌じゃない。
それとBADにもキチンと結末があって、
BADだからなかなか後味の悪い感じの物もあるんだけど、
「良い話だけが全てじゃない」と思える良い構成。
この辺りは前作の翠の海と似てるねー

あとBGMとか背景も雰囲気にピッタリで綺麗で凄く良かった。
ゆき恵先生の描くキャラクターも可愛くて!
特に笑顔の表情が良い!
あの笑顔は見ているだけで癒やされる!
出来ればきゃびっとちゃんに、もっと登場して欲しかった・・・!(笑)

翠の海みたいな独特の世界観を期待してて、最初見たとき学園モノで
正直「大丈夫かな・・・?」と心配したりもしたけど、
Cabbitらしい作品ですっごく良かったー!
次回作もとっても期待!

で、次は、eufonieの「恋剣乙女」をやろうかと思う!
これも個人的に楽しみにしてた作品。
そしてこれで保留にしちゃってる過去作は除いて、
2012年発売の分は最後!
やっと年を越せる・・・!(笑)

じゃ、ゲームして寝るー
バイニー☆

test?

コメントを残す