断線修復

ヘッドフォンの断線修復に挑戦してみたー

対象のヘッドフォン。
ヘッドフォン 断線修復 1
かなり前にGNDの断線が原因で、
常にボーカルキャンセル状態ということが起こって^^;
なんでも逆位相がどうとか・・・
断線が原因でこんな楽しい現象が起こるとか知らなくて、
起こったときはマジで焦った・・・(笑

その時は不要なミニプラグがなくて放置してたんだけど、
たまたま別の機械から片側だけミニプラグが付いた
半端なケーブルが出てきて、いらないってことで移植(笑
ヘッドフォン 断線修復 2
多分、元は内部配線に使われてたケーブルかな?

因みに、このヘッドフォン、元は電子ピアノを買ったときに
付いてきた安物で、今は会社でデバッグなんかに使ってる。
だから音質も気にしないし、見てくれも気にしない、
とりあえず普通に鳴ってくれればおk。

とりあえず熱収縮チューブを通す。
ヘッドフォン 断線修復 3
細いケーブル1本ずつに細いチューブ計3本と、
全体をまとめる為の太いチューブ1本。

ヘッドフォン側は、外側の皮膜を剥いて、
中の細いケーブル1本1本に絶縁用の皮膜が付いてるから、
接続する部分だけカッターで削り落としておく。
中のケーブルの色は基本的に赤がR、青(緑)がL、銅がGNDらしい。

そして拙い半田付け技術を駆使して何とか接続。
ヘッドフォン 断線修復 4
鳴れば良いので、細かい事は気にしない・・・!(苦笑)

失敗談:熱収縮チューブを奥に追いやるのを忘れて半田付けしてしまい、
その熱で変なところでチューブが収縮しちゃって、
どうすることも出来なくなって始めからやり直し・・・(恥

テスターで一通り導通を確認してから、前にバイクのステッカーを
貼り替えたときにも登場したヒートガンでチューブを収縮!
家庭用のドライヤーでも問題ないはず。
ヒートガン
まず1本ずつ収縮させて絶縁。
ヘッドフォン 断線修復 5
そして全体をまとめる。
ヘッドフォン 断線修復 6
これだけだと弱そうだったから、社内にあった
「ガラスクロステープ」って何だか凄そうなテープで補強。
ヘッドフォン 断線修復 7
そして完成!!
ヘッドフォン 断線修復 8
ちゃんと両方から音が聞こえて、ボーカルの声も聞こえる!

こういうのちゃんと直ってくれると嬉しいネ!

じゃ、ゲームして寝るー
バイニー☆

test?

コメントを残す