快適すぎる!

昨日から仕方なくMacの仮想環境でゲームをする事になったんだけど、
これが想像以上に快適すぎて・・・!(笑

まずデスクトップなWindows機を立ち上げる必要がないから、
ヘッドフォンを付けてても鳴ってる音が小さいと
微妙に聞こえてたファンの音がなくなって快適。

そしてノートだから場所に縛られないコトに気付いて、
いつも座ってる固くて窮屈な椅子からベッドの上へ移動したら、
かなりゆったりとプレイできて、すっごく快適!

こうなるとベッドの上に置いて使える机が欲しくなる・・・(笑
直接パソコンを置いちゃうと熱暴走しそうだから、
とりあえず段ボールの上に置いてみてる。
でもこれだと段ボールが邪魔で足の収まりが悪いというか^^;
http://item.rakuten.co.jp/chair-bon/dkphk0100a/
↑こういうのを買えば良いのかな?

それといつも取ってるセーブデータのバックアップは、
いちいちWindows機にコピーするのは大変ということで、
ホストOSのDropboxのフォルダにコピーして
シャットダウンというスクリプトを用意しといた。
こうしておけば十二分にバックアップになるかなー
コレで基本的にメインPCを立ち上げる必要すらなくなる!

あと快適さとは関係ないんだけど、
Macの仮想環境「Parallels」でWindowsを動かすときに、
ビデオの設定に「サイズ調整される」と「Retinaに最適」と
「間隔を広くする」の3つの設定があって、
「間隔を広くする」だとRetinaの解像度2880×1800で
表示されて小さすぎるから論外としても、
残りの2つがかなり微妙なところなんだよね。

特にゲームをフルスクリーンで動かすときには、
関係ないんじゃないかと思っていたんだけど、
スクリーンショットを撮って見比べてみると、微妙な違いが・・・!
↓「サイズ調整される」
夜明け前より瑠璃色な (Parallels) 「サイズ調整される」
↓「Retinaに最適」
夜明け前より瑠璃色な (Parallels) 「Retinaに最適」
「Retinaに最適」の方は滑らかだけど、全体が若干ぼやけてる。
「サイズ調整される」の方はくっきりしてるけど、
特に文字のジャギーが目立ってる。
アンチエイリアシングの違いって感じ?
全体がぼやけていると目が疲れるから「サイズ調整される」でプレイしてる。
文字のジャギーくらい慣れれば問題無いー

2880×1800に対応したエロゲとか出ないかなー・・・(笑

じゃ、ゲームして寝るー
バイニー☆

test?

コメントを残す