TT-RSSの罠

「Tiny Tiny RSS」の更新が出てたので、
初めて設定画面の「Tiny Tiny RSS を更新する」から更新してみた。

WordPressっぽくボタンを押すだけで更新出来るのかなーっと
軽い気持ちで実行してみると、そこには盛大な罠が・・・!(笑

なんとconfig.php以外、差分じゃなくて総入れ替えされた・・・!
pluginsフォルダもインストール時の状態に戻ってしまい、
feverプラグインが無くなってReederからアクセス出来なくなったり、
.htaccessも元に戻ってエラーログが警告だらけになったり・・・

幸い自動で古いフォルダをリネームして置いてくれてて、
そこからプラグインをコピーしてきて、
.htaccessを再度直して何とか無事にアップデート完了・・・^^;

こう言うのって自動で処理するなら、ちゃんと差分で
アップデートしてくれるものじゃないのかな・・・?
変更してる可能性の高いプラグインのフォルダまで
元に戻ってしまうのはちょっと驚き・・・

あとTT-RSSのフィルター機能を試してみた!
取得しているフィードの中で2,3個、
量が多い上に不要なのも多いフィードがあって、
そいつらを綺麗にフィルタリング出来ればと^^;

それを設定してるときに少しハマったことをメモメモ・・・
[aaaa]bbbbbこんな形式のタイトルから”[ ]”の中の文字列を使って
フィルタリングしようと思い、ルールに正規表現が使えるから
¥[(aaaa|bbbb|cccc)¥]こんな感じにしてみる。
すると何故か1つもヒットしてくれなくて・・・
でもエスケープ処理をしている”¥[“と”¥]”を省くと行ける。
最初は、TT-RSSのエスケープ処理がおかしいのかとも思ったけど、
色々と試してると原因が分かった・・・

エスケープ処理は、”¥”じゃなくて”\”じゃないとダメ・・・!
Macだと option+¥ キーで出てくる。

円マークとバックスラッシュって
同じコードのイメージがあるけど、
UTF-8環境だと違うのね^^;

そして求めている通りに動いてくれたフィルター機能がかなり便利!
いつも少し放置してると凄い量になってたのが、
かなりスッキリして消化する時間も短縮出来そう。
見たい記事が消えてしまってないか不安な面もあるけど^^;

じゃ、ゲームして寝るー
バイニー☆

test?

コメントを残す