Mac+Wine+エロゲ

超久々にApple製品+エロゲなネタ。

〜過去の記事〜
iPad+エロゲ=最強?」(iPadのJump Desktopを用いてエロゲ)
iPad+エロゲ=最強!?」(iPadのSplashtop 2を用いてエロゲ)
MacBook Pro+エロゲ=・・・!!」(MacBookにParallelsを用いてエロゲ)

アクセス解析を見ていても未だに他の記事は比べものにならないくらい人気。
もう他の記事とか書いても無駄なんじゃ・・・と悲観したくなる^^;

今回は、前々から試そうと思っていたMac+Wineを試した。
今までナニかしらWindowsが絡んでいたけど、いよいよネイティブに挑戦!
いやービックリだわー・・・まさか普通に動いちゃうなんて!
ないしょのないしょ!体験版 on Wine
ないしょのないしょ!体験版をMacのWineで
動かしたところのスクリーンショット。
ウィンドウのフレームを見てもらえばMacで動いてることが分かる。
仮想OSじゃないよ!
(動作中の動画は記事の後半)

元々、foobar2000をMacで動かしてみたいなーってところから始まって、
ずっと前に入れてたHomebrewからWineをインストールして、
foobar2000をインストールしてみると、何事もなくあっさりと動いた。
foobar2000 on Wine
あまりにあっさり動いてしまったので、
折角だからエロゲも試してみようかと(笑

で、前にテレビでエロゲを試した時に使った
ないしょのないしょ!の体験版のデータが残ってたから、
Macに移動させてWineで起動。
すると日本語版のWindowsじゃないとダメ的なエラーが・・・

調べてると、こんなのを見つけた。
Nihonshu – 日本語 Mac OS X 用カスタム Wine バイナリ
日本語版 Windows として認識されるようにソースコードを変更これだ!
それにこのパッケージならHomebrewとか不要っぽい・・・?
恐らくXQuartzをインストールするだけで良さそう。
てか、「ワイン」に対して「日本酒」ってw

part.2から最新版のbz2をダウンロードして、
同サイトの「インストール方法」に従ってインストール。
wineってインストールするのが面倒なイメージあるけど、
解凍するだけで使用可能とかスゴい・・・。

で、ないない体験版の「Start.exe」を起動すると・・・

これまたあまりにも普通に動いてしまってビックリ・・・!!
動作もスムーズ、音も問題なくなってる、超普通・・・!!

てか、今やるなら、ないない体験版じゃなくて
Iris最新作のしゅきしゅき体験版でしょ!ってことで・・・

問題なく動作確認。
「尚、登場するキャラクターはすべて低身長の18歳以上です。」
・・・w

恐らく動くソフトと動かないソフトがあるだろうから、
「動けばラッキー」くらいに思っておくべきだろうけど、
とりあえず最新のSiglusEngineは動きそう。

となると、動かしてみたくなるのが「ちはやローリング」。
以前、Parallels上で動かしたときは、動かすのに苦戦したけど、
Wine上だと特に弄ることなくそのままで動いた。
そして結果がこちら。
ちはやローリング on Wine
仮想上で動かしたときが1161885mだったから、むしろWineの方が早い。
さすがネイティブで動いてるだけあるなー

思った以上に、Wineが使える子でビックリした。
随分と進化したんだなあー
問題なく動くなら仮想よりWineの方が良いかも。

ただ1つ大きな問題としては、
製品版によく付いてる認証系をどうするよ?というのが・・・(´・ω・`)
試せてないから分からないけど、
ディスク認証って結構特殊なことやってるっぽいから、
高確率でWine環境じゃ不可能だと思われる。。。
アクティベート不要なディスクレスで遊べるってのは最低条件かなぁ。

じゃ、なにかして寝るー
バイニー☆

test?

コメントを残す