頓挫

(Twitterに書こうかと思いましたが長くなってしまったので、放置状態だったブログに・・・)

昨年より企画してました「交響楽団ボコミュージアム」ですが、唐突に立ち行かなくなってしまいました。

詳しい理由は伏せますが、今月初め頃にとある大問題が発覚し、11/3開催がかなり厳しいものに・・・
外部の協力を得て無理矢理にでも開催に持っていく案や延期して立て直す案なども考えましたが、元々無理のある体制だったこともあり、仮にこのまま開催できたとしても到底皆さまのご納得いただける公演にはならない上、下手すると今以上に多くの方々にご迷惑をお掛けすることにもなりかねないと判断したため、奏者募集を開始していない今の段階でやむなく中止という決断をしました。

力不足・・・配慮不足が招いた結果です。
少し考えれば分かったことですが、運営の脆弱さに対する認識不足と運営内の連携不足だったことを痛感してます・・・。
きっと運営経験がある方からすると「あぁ、やっぱり」って感じですよね・・・お恥ずかしい限り・・・。
色んな方から期待の声をいただいていたのにも関わらず、その期待にお応えすることができず面目ないです・・・。

ここからは個人的なことを・・・

今回の運営にあたり自分じゃどうしようもないアレンジ作業、デザイン関係などの専門的な作業、距離的に不可能な現地作業を各人にお任せしてた手前、それ以外の運営作業を”全て”と言っても過言じゃないくらい引き受けていたんですよね。。

許諾申請を投げたり、予算案を作ったり、JASRAC手続きの準備をしたり、参加者管理用の物を用意したり、広報的な物を用意したり、公演内容の調整をしたり、当初は外注するつもりだった公式サイトも当てがなく結局自ら制作し・・・

今まで経験あるのはドメイン取って鯖借りるくらいで、他は全てやったこともなく慣れない作業で手探り状態だった上、抱え込みすぎてる感もありましたが、「この負担も11月には報われる・・・」という一心で成功を信じて何とか1つ1つ処理してきました。

遅れに遅れていた公式サイトも完成していて、あと練習日さえ書けば出演者募集の段取りまで整う・・・というところまでどうにか漕ぎ着け、それを公開するための確認を各所へ行ってる最中に問題が発覚・・・。

まさかこんなところで頓挫するとは思いもよらず・・・半年くらい前からこの企画が生きる希望となっていたこともあり、それを突然失ってしまい、自分でも驚くぐらいショックを受けていて、中止が決まって1週間くらいは完全に憔悴しきってました・・・

人間って強いショックを受けると、本当に精神的に不安定になり体調もおかしくなるんですね・・・こんな状態に陥ったのは初めだったので自身の身体に驚きです(苦笑)
ツイートどころか仕事すら殆ど手が付かない状態に・・・
因みに今は、休日にスタジオに籠もってひたすら楽器と向き合ったり色々と気を紛らわすことで、割と復活してます。

今回、結末はともかく色んな新しい経験ができたのも事実なので、いつかこの経験が何かに繋がると良いなぁ…と密かに思うのでした。
それに希望の光を完全に失ったかというと、そうでもないような雰囲気がなくもなかったり・・・?(「希望の光は絶対に消えません!」を聴きながら)

最後に今回の件、各所に大変ご迷惑をおかけした上に、ご期待に添うことができなかったこと、大変心苦しく思っています・・・
誠に申し訳ございませんでした・・・
こんな無力な自分ですが、今後とも何卒よろしくお願い申し上げます・・・

P.S.
こんな状態でしたがクリアファイルの収集は怠りません。

いつかガルパンのコンサートが実現すると良いなあ・・・

test?